ワキムダ毛処理の注意点

しかしワキの皮膚は非常に薄くデリケートな部分なので間違った処理が原因のトラブルも多い部分でもあります。

自己処理で一番多いのはカミソリによるものでしょうが、
きちんとシェービングフォームと処理後のシェービングケアをしないと肌荒れが起きてしまいますし、
長年カミソリでの処理をし続けると皮膚が薄くなり、さらにトラブルが発生しやすい状態になっていきます。

毛抜きによる処理も一般的で、こちらは比較的ワキの毛が少ない人がよくやられるようです。
この毛抜きによる処理はカミソリよりも毛の再生が遅いために処理の方法として選択する人も多くいますが、
肌トラブルが最も多く起きやすい方法と言えます。

毛抜きで抜く時に皮膚の中間部分で毛が切れてしまうと、
その毛が再生する時に毛の先端が皮膚の内側に引っ掛かり、皮膚から先端が顔を出さずに皮膚内で成長してしまうのです。

これを「埋没毛」といい、肉眼で見てもはっきりと分かるくらいに黒くなります。
この毛は成長し続けていきますので症状は時間を追うごとに悪化します。
最悪は皮膚科で切開の必要が出てくる場合もあります。

脱毛ワックスなどで引きはがすような脱毛方法でも同じような症状が見られます。
毛を溶かす除毛クリームなどは力を加えない処理方法ですが、肌質や体質によっては甚大な肌トラブルの原因となりますので、
パッチテストを注意深くする必要があります。

肌質に合わない除毛クリームを使ってしまうと、赤く腫れあがったり、湿疹のようなものができたりします。
これらもやはり皮膚科診察の必要があるくらいに悪化する場合もあります。
ワキのムダ毛処理をする場合は自分に合った方法を選び、どの場合でも適切なアフターケアを心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>